年中無休で休みたい

赤だったりアクアだったりする人のブログ。

ある愚か者の第一回天音杯反省文

第一回天音杯反省文


こんにちは、赤です。

今更とは思いましたが、皆が知見放出フェイズに入ったこともあり、せっかくなのでレポートを書こうと思いました。(暇人)


福岡大規模直後からkksy-さんがサークル内リーグ戦なるものを始め、そこから三拾一捨考察は始まります


@福岡直後ーー刀戦扇時代


これ今回の結論では????優勝パでは??????なんで投げ捨てたの????????

第三拡張発売後からしばらく戦扇で遊んでおり、十数戦やりましたが負けなしという素晴らしい戦績でした。戦扇は神代枝と久遠の花のおかげで実質自分のライフが12あり、相手のライフは実質9です。よって多少ミスっても勝つことができるという扇の下手な僕にも優しい安心設計でした。

実際この三柱はサークル内リーグ戦で8-3という成績を収めました。負けの3敗は石突の入った薙はどれほど強くなったのだろうと舐めて返した刀薙(忍)と完全にメタられた書騎(扇)と刀鎌(槌)でした。後ろ2つをぶつけてきたkksy-さんとえもんは反省してください。(刀槌返せた気がしないでもないけれども)

なにもなければしばらくこれで遊ぼうと思っていましたがさんろの忍薙(古)vs戦扇でダストを枯らされると後退しなければ手裏剣も鋼糸も打てずとてもキツいことが発覚しました。

ここで刀戦扇というよりオボロアナザーというメガミを諦めます。グッバイ未来の結論パ・・・。


ここから迷走が始まります。早いな。

@2月上旬ごろーー古忍扇時代      

古忍傘、古忍爪など試してみるも僕は下手くそなので忍傘を信じることが出来ず、また当時はまだ古爪のデッキレシピを知らなかったこともあり、とりあえずどれもそれなりには使ったことがあるという後ろ向きな理由で古忍扇へ。そのまま岡山予選、大阪予選①へと向かいますがどちらも2-2という結果に終わります。

あまりにも扇忍しか帰って来ないため、途中から古忍が絶対に帰ってこない読みでヤンキーで忍傘を返したりしていました(^p^)(扇ムズカシイネ)


@大阪予選②以降ーー古戦騎時代

大阪予選②通常選択で古忍を使って突破したことで本格的に三柱を考えなくてはならなくなりました。

しかし僕は二幕からのユリナオボロマンであり、その他の経験値が高くありません(引きゲーマンとも言う)


考えた結果僕は・・・









他人の案を丸パクリすることにしました(^p^)



たひてふの古戦騎をそのままお借りし情報共有を始めました。

古戦はユリナオボロだから最強だし古騎は最強生物だから帰ってこない(と、思う)し戦騎だけ練習していれば当面はよさそうというのも魅力でした。古忍騎のネックであった忍騎の打点不足という点を手裏剣というカードで改善できており、大阪での大会でも3-0することはありませんでしたが常に2-1程度の成績であり、妥協することはできるだろうと考えていました。



@天音杯前日くりすます会

そうやって意気揚々と古戦騎を持ち込んだくりすます会ですが




見事に1-8しました\(^o^)/

f:id:aquaharuka:20190415174158j:plain




2戦目時点でリーサルでない場面で計算ミスをして不完全浦波嵐を吐いてしまったりと前日の移動の疲れもあり今日はふるよにで勝てる日ではないのだろうなとは思いましたし、ここまで負けることある????とも思いましたが、それ以上に思うところがありました。



戦騎握りたくねえ・・・。

相手が何であろうと三柱のうち横に曲げられたタロットがユリナであったのを確認した瞬間露骨にテンションが下がるのを感じました。

一閃!鋼糸!月影落ドーン!をやってきた人間にとって一点一点を丁寧に受けて返して対応でリーサルを逃れ刺し返すというデッキはあまりにも性にあわなかったのです。

というわけで全国大会前日にして持ち込むものがなくなりました。

アホかな?


ここで三柱を変えた判断自体は間違っていなかったと思います。全国大会に出る猛者が集まったスパーリング会で1-8したデッキが本番で何勝できるというのでしょうか。

問題はもっと早くに変えるという判断が出来なかったことであり、ここまで来てしまってはもう仕方がありません。

もう一度考えましょう。

……

……

…………


どれが帰ってきても暴力にすればいいのでは?




@当日

古忍爪


自信メーター

古忍 100% 生きているのなら神様だって殺してみせる

古爪 50%そねさんの古爪とスパーリングをしたのでデッキレシピと動き方だけは知ってる でもまあ暴力やし行けるやろ!

忍爪 n^0%前日夜にsoraくんに5分くらい教えてもらった。あの、このデッキ通常札に赤札4枚しかないんですが勝てるんですか?(ユリナオボロマン)

ま、まあこの三柱なら忍爪はめったに帰ってこないとお墨付きをもらったので大丈夫でしょう(震え声)


結果です

古爪ー戦薙(槌)〇

忍爪ー忍爪(古)〇

忍爪ー忍騎(刀)〇

忍爪ー古傘(忍)

古爪ー刀騎(扇)


おいおい忍爪三回返ってきたが???????話が違うんだが??????????


2戦目、3戦目と忍爪で二勝できてるじゃんと思われるかも知れませんがどちらもお相手のゲージ上げ忘れ、結晶の移動の間違いで拾った幸運な二勝なので実質負けです。

戦目は古爪の綺麗な点バーストが決まりました。

戦目はBANを間違っていますね

これがこの大会最大のミスでした。

古忍爪ー古忍傘ですが

忍傘を返す・・・古爪でないとお話にならないと思われるので絶対に返せない。これは論外

古忍を返す・・・古忍か忍爪が帰ってきた場合五分です。

しかし古爪が帰ってきた場合がギャンブルです。

そねさんとスパーリングしたのは古爪ー古戦でした。

結論から言うと、古忍(オボロ・オボロアナザー)側が正しいリテラシーを持っていた場合、古爪は勝てません。

古忍側はほぼ攻撃札を振らず、相手の攻撃をライフ受けし、ひたすら結晶をフレアに貯めます。(一閃?オーラ二個取られるの嫌だから当然ライフだよ)先に決死に入りフレアが12貯まれば不完全浦波から月影落で先にリーサルを取る事が出来ます。また、再構成ごとに誘導によって対応不可1/-を飛ばすことができます。古忍側には攻撃札を振らないという権利があるのです。

逆に古爪側はフレアがあってもある程度のゲージがなければリーサルが取れません。攻撃札を振る必要があり、相手を決死に入れないように勝つことは難しいです。

僕はこの古爪ー古忍を嫌い、古傘を返しました。

忍爪ー古傘となり決闘が始まりましたが、堂々の不利マッチであり、当日これを選んだ自分にはそれを誤魔化す力などありません。当然ながら傘を返してはいけませんでした。

終わったあとお相手に聞くと最初から古を返すつもりはなかったそうです。

考えてみればユキヒが帰ってきたとき足捌きが面倒だからそりゃそうだ。

自分が何をBANしたいかを考えてばかりいて相手が何をBANしたいかを考えることが出来ず勝手読みをし、(自分の実力では)0-10マッチを作ってしまいました。実際に帰ってきたのは忍爪であったため、古忍を返していれば忍爪ー古忍という五分マッチが出来たはずです。


回戦ですが、こればっかりはマッチングが悪かったと言い訳をしたい対戦でした。メガミ相性ではなく対戦相手という点で。

古爪を知り尽くしたガソタムさんにこちらオーラ5、ライフ5、山札0の状態からきっちりとライフ1オーラ1にされ、決死に入れず負け。お見事でした。


前回の第二幕全国は2-3だったので結果だけ見れば一年かけてひとつ勝ち星が増えましたが、2つ実質負けだったこと、3-0から2連敗したことなどなど反省点が多い大会となりました。

最も大きな反省点は練習時間を古戦騎に割いてしまったことです。もっと早く古忍爪に乗り換えていれば実質2敗している試合もちゃんと勝てていたかも知れませんし、傘を返せないということも分かっていたでしょう。

古戦騎も弱い組み合わせではありませんが、自分にとっての手に馴染むベストな道具がないかをもっと考えるべきで、全国4-15-0を目指すのであれば大阪で2-1を繰り返すだけの妥協で満足してはいけませんでした。

見返したら福岡の反省文でも「もっと早く三柱決めればよかったなあ」とか言ってるなこいつ?人間は愚か。

言ってることがぐるぐるし始める気配を感じたので今回はこの辺で。


最後に

使って楽しい組み合わせを最初に検討しよう!