年中無休で休みたい

赤だったりアクアだったりする人のブログ。

ガバレッド君1号ですぅ!【ふるよに】


オンライン大規模に出るためにゴミを作った話。

 

 

f:id:aquaharuka:20200811212840j:plain

 

 8月8日に桜降る代に決闘をのオンライン大会があり、そのレポートをしよう……、と思ったのですが、今回の大規模ではトップメタである新嵐鏡を持ち込み、二回戦で負けて特にいいとこなく終わったので書くことがありません。なので三柱の変遷とともに一応いろいろ自分なりに試行錯誤してたんだよと書いて自己満足しようと思います。

1.扇戦嵐
戦新嵐がどうやら強いらしいよと噂が流れ始めた頃の三柱。扇戦には自信があったので戦新とまあいい勝負ができるでしょうとたかをくくっていました。しかし誰かの次の一言で全てが瓦解します。
「扇嵐って強いの?」
実際に返されてみると攻撃札が暴風獣爪雅打ち梳流しの4枚しかないため、リーサルが高くありません。そして新型はロアリングが打ち放題なため無窮は再起せず梳流しも山札の上に戻りません。今日も再起しなかったねえ。
リーサルを高くするために切り札を陣風/千歳の鳥/風神爪というヤケクソ構築にしてみたりもしましたが、相手がターボスイッチを持っていないという前提条件でしか勝てませんでした。
扇戦─戦新は一度もやっていませんが、扇を入れた時点で新型に不利がついてしまうことが分かりました。これはいけない。
バイバイトコヨチャン……。シーズン6で会おう……。

 

2.戦騎嵐
シーズン5大規模が予定通りの日程で行われていたならば持って行っていたであろう三柱。戦嵐も騎嵐も強いためほぼ戦騎しか返って来ないので練習しやすく、新鏡に対してはオメガバーストで強く出られます。
戦新には当時時点で微不利程度だったのでその日の引きと気合でなんとかなるべ!という気持ちで新潟に向かう予定でした。

 

時は飛んで7月
シーズン5.5に逃げたり季節戦に逃げたりしていた期間も終わり、そろそろオンライン大規模の練習を再開しなければならなくなりました。
そのまま戦騎の練習をしてもよかったのですが、時間が経ってもう一度、戦新嵐が本当に最強なのかを試してみようと思い、様々なデッキをぶつけてみました。
仮に戦新嵐を持ち込んだところでミラーはどこまで行っても勝率5割という考えもあり、少しでも有利がつけばいいなという考えでした。

 

3.騎鎌、騎塵
新嵐は一巡目ネオで変型するために2フレア使用し、燃料のためにカードを投げ捨てるため、短期決戦する組み合わせであり、どうやらリソース勝負となると少し脆弱性が見えるようです。つまりAlpha Edgeをたくさん撃って刈り取り撃って終焉の影に変身したり灰滅決めれば勝ち!また、先攻を取って初手遺灰呪が出来れば相手の変型を遅くできるというメリットもあります。

Q 離脱バニスチ!刈り取り!ターボ落ちてますし対応ないですね?

A 対応はありませんがDEVAなので集中貰います。新嵐はフレアそんないらないんであげます。差し引きほとんどリソース減りません。

Q なんでそんなひどいことするんですか??(血涙)


DEVAを後出しじゃんけんができる都合上、鎌もあまり風向きがよくないということがわかりました。また、ロアリングの萎縮も辛く、しゃがみのターンでしゃがめないと動くターンに動けません。
また、蝕みの塵というカードがあまりにも仕事をしません。もともと1巡目にはあまり振る意味のないカードという認識でしたが、ネオにフレアを使用する都合上ほとんどライフ受けされます。悲しい。


4.忍傘嵐
しこみばり ふくみばり/ふりはらい たぐりよせ/しこみび ねこだまし/影菱/鋼糸/ひきあし もぐりこみ/かさまわし
壬葛/はらりゆき/くるり
入れ替え候補 斬撃乱舞/忍歩/誘導/ふりまわし つきさし

シグマドライブは2リソースを使って行う攻撃です。こちらはオーラ受けすると3リソースを失ってしまいますが、オボロの札を全て伏せながら、毎ターンかさまわしでオーラを無限に修復すれば損をするのは新型側です。
しこみびは打てればラッキーですが間合が遠ければ無理に下がる必要はありません。
重要なのは毎ターンかさまわしでオーラを保つこととはらりゆきを打てる限り打つことです。
このデッキは惨劇Rooperと呼ばれる戦新に見た限りでも7回程度勝っていたのでこれはかなりの強度があったと思います。
しかし繰り返すごとに辛くなっていくことを実感します。
最終的に切り札が神代枝/マスターピース/鳶影というただの戦騎の下位互換のようなデッキに負けて諦めました。オボロのカードを全て伏せる以上、設置をマスターピースで避けられるとユキヒだけでは打点が足りません。しかしある程度微不利で済んでいるように見えたので戦新嵐が無敵ではないということが分かり、一応研究したかいはありました。

もうひとつ傘を開けっ放しでひたすら前進を続けるタイプなら勝てるという噂を聞いたので、やはり勝つだけのポテンシャルはあるのだと思います(知ったのが大規模前日だったので研究していない)。
しかしもうひとつ問題があり、それはこちらはほぼ忍傘が返される都合上嵐を絶対に返せないことです。そうなるとXY(任意の通常選択)嵐に勝てる自信がありませんでした。刀社交、刀騎、銃鎌、毒騎などは当日一定数いそうだと考えていたので、そうなると自分の腕では勝つ自信がありません。
結論としては戦新嵐にはある程度戦えるが、自分の腕では、その他に勝てる見込みが低いということで泣く泣く解散とあいなりました。

      ──────────↑ここまでデッキ。────────────
      ──────────↓ここから紙束。 ─────────────

普通のデッキでは勝てないと考えた僕は使い慣れないクルルのカードを並べ始めます。ついでにますたーさんの枢式RTAの記事も読み直し、頭をふるよにから知育パズルモードに切り替えます。
https://master-horiemon.hatenadiary.jp/entry/2019/12/07/143554


5.対新嵐用銃枢
いんだすとりあ/どれーんでびる/クリムゾンゼロ
シュート/マグナムカノン/ラピッドファイア/バックステップ/もじゅるー/あくせらー/りげいなー

〇動き方
3ターン目にシュートマグナムラピッドいんだすとりあ(ラピッド封印)バックステップラピッドで5点がとれます
もしシュートをオーラ受けしたならばどれーんでびるで1オーラ剥がしてオーラ2になるので打点が上がります。
あとは2巡目に前進宿しを続け、もじゅるーを置いてクリムゾンゼロを2連打して勝ち!
5+2+2と再構成で勝っているはずです。ね、簡単でしょ?
これが組めたときにはテンションが上がったのですが、当然ボツになった理由があります。

Q 相手がASURAを開けてくるのにそもそもあなたに3ターン目はありますか?

 

A ……ッスー。後手引いたらない、っスね……。初手5点取れないと紙束っすね……。

 

ASURAの個人的にズルいと思うところは3/2を飛ばせる点よりも先手後手の差を明確につけてしまうところですね。後手は再構成しないと山札と手札が1枚ずつしかないので3ターン目に揃えるコンボは成立しません。後手引いただけでデッキでなくなるのはさすがに問題です。

 

じゃあ2ターン目までにコンボ揃えりゃいいんでしょ!!(# ゚Д゚)と半ギレになりながら作った次の紙束がこちらになります

 

6.対新嵐用書枢

引用/煽動/詭弁
あくせらー/もじゅるー/えれきてる/くるるーん
いんだすとりあ/どれーんでびる/完全論破
〇動き方
1tもじゅるーを置きます
2t行動札を2枚表で振って2前進集中力で前進して間合7を踏んであくせらー詭弁!
2巡目以降は相手のシグマドライブを避けながら詭弁やえれきてるで点を取ります。
暴風は完全論破で止めるのでリーサルも高くはないはず!(脳内)

この動きに必要なのはもじゅるー、あくせらー、詭弁、行動札2枚ですが、このデッキはくるるーん以外は表で置ける行動札でできているので問題ありません。もしくるるーんを引いてしまった場合も宿していんだすとりあ空打ちすれば行動札の枚数は足ります。
もじゅるーは2ターン目に置いてもよいので、マリガンしたのち、山札の上から5枚にもじゅるーあくせらー詭弁の3枚あればよいわけです。ちゃんとマリガンを行えば結構な確率で成功するはずです(計算は忘れましたが……)。
このデッキのどこがダメだったかというと、熟練したプレイヤーはえれきてるをいんだすとりあに封印した時点でASURA変型をやめ、DEVA NAGAの二変型で山を焼きにくるという点です。えれきてるよりもこちらの山札が焼ける速度の方が早く、新型は攻撃札を振ることなく勝利することが可能です。

Q そんなことある?

A あったんだよ。


一発芸のゆっくりしたクルルは新型のみに負けることがわかりました。グッバイクルル。
と、この辺りまで考えたところでそろそろネタが尽き、諦めて新嵐鏡を練習することにしました。やっぱすげえよネオは。
ということで今回の大規模は冒頭に書いたとおり二回戦負けでした。この紙束を作る時間をすべて新型の練習に使えばよかったんじゃないかと言われるとぐうの音も出ませんが、今回の選択に納得するための必要経費だったと思えばまあ仕方ないかなとも思います。
次シーズンもがんばるぞい。