年中無休で休みたい

赤だったりアクアだったりする人のブログ。

クルル初心者にも使える!ヒミカ/クルル入門 【ふるよに】

 

f:id:aquaharuka:20201209080137p:plain



 

 こんにちは。aquaだったり赤だったりを名乗っていますが今回はふるよにの記事なので赤です。改めましてこんにちは。

 先日、電子版にクルルが実装されましたね。そこでシーズン5に考えていたヒミカ/クルルの構築をご提案しようと思います。

  では早速デッキレシピから 

◇クリムゾンゼロ型 (非推奨)

シュート/マグナムカノン/ラピッドファイア/バックステップ/もじゅるー/あくせらー/りげいなーいんだすとりあ/どれーんでびる/クリムゾンゼロ 

f:id:aquaharuka:20201208215517j:plain

 一巡目は3ターン目にシュート/マグナムカノン/ラピッドファイア/バックステップが揃うようにマリガンします。2ターン目までは宿しをして間合を調整してください。おそらく3宿しが丁度良いです。

 

 シーズン4→5で修正されたいんだすとりあの効果を悪用します。捨て札のカードを刻印し、山札の底へ送ることができるようになりました。

 3ターン目にシュート→マグナムカノン→ラピッドファイア→いんだすとりあ(ラピッドファイア刻印)→バックステップ(でゅーぷりぎあを引く)→でゅーぷりぎあ(ラピッドファイア)

f:id:aquaharuka:20201208231159j:plain

 

  シュートをオーラ受けするとどれーんでびるでオーラを2にされて3/2*3の6点入ってしまうので相手はシュートをライフ受けするのが正解です

というわけでこれで5点がとれました。

 

f:id:aquaharuka:20201208231422j:plain

あとは2巡目にどれーんでびるを開け、もじゅるーを置き、クリムゾンゼロ→あくせらー→りげいなー→クリムゾンゼロを当てて4点!

一巡目5点+再構成1点+二巡目4点=10点! わあ、ふるよにって簡単! 

☆回し方☆

3t目に連撃してフレアためてクリムゾンゼロあくせらーりげいなークリムゾンゼロで勝ち! 

 

 

↑ここまで理想。

────────────

↓ここから現実。

 1巡目が終わったあとで見せていない通常札が3枚。切札が2枚。勘のいい相手は思うでしょう。

「あれはクリムゾンゼロなのでは?もしかしてりげいなーで勝つ気なのでは?」と。

 悲しいことにこの組み合わせには間合1に潜る手段がないため、相手が後ろステップを持っているだけでクリムゾンゼロが当たらず、勝つことができません。僕のヒミカ/クルル初陣もTurbo switch を構えながら殴られて負けました。初見で負ける初見殺しってなに。ヒミカは地上戦では分が悪いようです。

 というわけでこのデッキは没になってしまいました。頭を切り替えて一度セオリーから考えてみましょう。

 クルルの相方としては優秀かどうかは、クルルにマッチしたカードを持っているかどうかが主だと思います。例としては切札に軽くて全力の付与があり、打点の高い全力があるのであくせらーとびっくごーれむが使いやすいユキヒ(どろりうら、つきさし)や、対応が多く、えれきてるが置きやすいトコヨ、大破鐘メガロベルというりげいなーで使い回したい切札のあるハガネなどです。

 ここでヒミカのカードを確認してみましょう。
全力札 フルバーストしかなく置きづらい。
攻撃札 レッドバレット、クリムゾンゼロは置きやすいが他のカードは間合が遠く、2巡目以降に安定して置ける攻撃札がない。
対応 ふふっ、対応ないわ

行動札 バックステップは優秀、しかしバックドラフトは枢式で相手の切り札を開けたとき以外連火効果が使えない。


 そして今、唯一使えそうだったクリムゾンゼロりげいなーが壊れてしまい、ヒミカの相方としてクルルが相応しくなさそうだということがわかってしまいました。
 ではここでチェス盤をひっくり返して考えてみましょう
 ヒミカの相方としてのクルルは?
Q.どういう意味?
A.機巧を見なければいいという意味です。

◇ゴリラ銃枢 〜さよなら、聡明だった僕たち~ 

シュート/マグナムカノン/ラピッドファイア/バックステップ/スモーク/もじゅるー/くるるーん/いんだすとりあ/スカーレットイマジン/ヴァーミリオンフィールド f:id:aquaharuka:20201208214043j:plain 一巡目はさきほどと同じくラピッドファイアを2回使用して5点をとります。違うのは二巡目。

 ここから機巧を揃えるのではなく、謎の儀式を行います。二巡目でやることは

1. 2回目のいんだすとりあを使用しておく

2. 再構成までに5フレア溜めておく

3. 場にもじゅるー スモークを同時に展開し、手札2枚の状態でターンを終える。

の3つです。山札の枚数が7枚でバックステップがあるので遅くとも6ターン目にはもじゅるーとスモークが揃うはずです。くるるーんも使用して自分の身を守りながらできるだけ早く揃えにいきましょう。

  さて、準備ができたら再構成します。現状を整理すると場にはもじゅるーとスモーク(桜花結晶がひとつずつ載っている)手札が2枚山札がいんだすとりあで増えて4枚です。

 

f:id:aquaharuka:20201209000308j:plain

 

 

 ターンをもらって2ドローからスカーレットイマジンを使用して2ドローで山札を引ききれます。もう必要ないくるるーんを伏せてしまいましょう。離脱して3回目のいんだすとりあを使用。でゅーぷりぎあを山札に加えてバックステップで引きます。銃の間合に戻るためにヴァーミリオンフィールドを使用します。さて、このときの手札はどうなっているでしょうか?

 

f:id:aquaharuka:20201208214102j:plain

シュート/マグナムカノン/ラピッドファイア/ラピッドファイア/ラピッドファイア

 

 

 わあすごい。ぼくのかんがえたさいきょうの手札。ミスターバルカン半島。中途半端じゃなくて思いのままに暴れたい。 なんとスモークが置いてあるので前ステップされる心配もなく間合6でオーケー! 

f:id:aquaharuka:20201209010055j:plain

 

 

f:id:aquaharuka:20201209004841j:plain

 

f:id:aquaharuka:20201118183739p:plain

 

f:id:aquaharuka:20201118183739p:plain

f:id:aquaharuka:20201118183739p:plain


 親の顔より見たラピッドファイアを叩きつけます。僕はこの記事を書きながらラピッドファイアの画像を見飽きました。

 一巡目5点+再構成2点+三巡目6点=13点!

 わあ!やっぱりふるよにって簡単!機巧なんていらんかったんや!!

 

 と、まあこれは最大値の話であり、実際にはここまでオーバーキルをする必要はないため4ターン目、5ターン目ににいんだすとりあを使用して再構成し、6ターン目4点を狙います。これは相手のメガミの対応の数を見て決めてください。

 

☆回し方☆

二巡目に付与を貼って山札を圧縮したら引ききって赤札増やして投げて勝ち!

 

 

こぼれ話

 再構成したあとバックステップとスカーレットイマジンを使用しているので、もじゅるーから2度基本行動が湧いています。集中力を2つ残してターンを迎えていれば、ヴァーミリオンフィールドのぶんの間合移動は後退で補えます。

Q.つまりどういうこと?

A.初巡で5点、リーサルで6点飛ばしたうえで切札1枠空いています。

  最後の結晶を吹き飛ばすためのレッドバレットを採用してもよし、もじゅるーを展開したあと攻撃を避けることができるどれーんでびるを採用してもよし(オススメ)、ゴリラ銃枢を名乗っているのでここまできて機巧を参照するのは 気が引けますが、攻撃札を2枚使用したあとは枢式が使用できます。

(意味がないように思えますが、マグナムカノンに久遠の花を使用しないと枢式で奪われるので久遠の花の打ちどころを限定するという意味が一応ある) 

 

 

 

一終わりに

 三拾一捨であれば銃枢XのXはおそらく爪か嵐だと思います。(次点で鎌、塵、笛、琵琶などでしょうか)現在の完全戦で戦えるほどの強さはないかもしれませんが、シーズン5.5では僕にタロットをもたらしてくれました。機をみて大会に放り込むと面白いかもしれません。

 いつか季節戦のメンバーにヒミカとクルルが選ばれている(かつシンラやチカゲなどがいない)ということがあればやってみてもよいでしょう。また、これを軸に他のルートを考えてみてほしいです。自分でデッキを考えてすぐに試せるというのもふるよにの楽しさのひとつなので。

 初見殺し度が高いデッキでリーサルターンの楽しさは他のデッキと比べて頭ひとつ抜けています。11月にヒミカ/クルルのタロットを手に入れたのでやってみたいという方にはおすすめです。すっごく素敵で悪くなくてきっと喜んでもらえるデッキだと思います。

この記事に関する質問などがあれば@akamtgshogiまで。

 お読みいただきありがとうございました。

 

画像はふるよにコモンズよりお借りしました。

 

ふるよにコモンズ/BakaFire,TOKIAME

 https://main-bakafire.ssl-lolipop.jp/furuyoni/na/rule.html